数量:
  • 店長オススメ
  • 男女兼用
  • 処方箋いらず
商品コード:
Melatonin01

不眠症・時差ボケ解消サプリ メラトニン Melatonin 3mg 60錠

販売価格(税込): 4,980
ポイント: 49 Pt
■インフォメーション

メラトニンは脳内の松果体で分泌されている天然ホルモンの1つで、睡眠・覚醒のサイクルを整える役割を果たします。
メラトニンは脳の松果体において,トリプトファンからセロトニンを経て合成されるインドールアミン誘導体で,ヒトでは夜間上昇し日中の約10~20倍に達します。
色素細胞に対する退色作用,生体リズムの調節作用,性腺抑制作用,催眠作用,深部体温低下作用などの作用を持っています.

不眠症でお悩みの方、海外旅行時の時差ぼけのケアに是非お役立て下さい。


<メラトニンと眠りの関係について>

メラトニンは光の変化に応じて脳内で分泌され、私たちが眠っている夜間に、分泌量のピークを迎えます。

メラトニンの血中濃度が上昇すると人間は眠りに入るというわけですね。

朝に日が昇ると起き上がり、日中活動して夜眠る、というのが、人間のリズムとしてありますが、メラトニンは、日中その量が少なく、夕方近くから増え始めて、夜中が一番多く分泌される、という仕組みになっています。

そして、加齢と共に分泌が少なくなるので、メラトニンの減少により、睡眠に問題が出てくるのだと言われています。


<メラトニンの主な働き>

メラトニンには以下のような働きがあります。

  • 催眠作用
    メラトニンは脳内の松果体という場所で分泌され、睡眠周期の調整する役割があり、いわゆる体内時計を調節するホルモンです。
    日中、太陽光を浴びている状態ではメラトニンの分泌は減少し、夜間暗くなってくると分泌量が増えていき、睡眠に向かわせる作用があります。
  • 体内時計、生活リズムの調整
    メラトニンの分泌する時間や量を調整することで、人の持つ体内時計の機能、生活リズムが調整されます。
    不規則な生活、昼間部屋に閉じこもったままで太陽光を浴びないような生活を続けると、体内時計の機能も狂ってしまい、メラトニンをうまく分泌できなくなり、寝るべき時間に寝付けない状態になったりします。
    メラトニンの体内時計を調節する作用が注目され、不眠症などの睡眠障害の治療や時差ボケの解消に利用されています。
  • 細胞の免疫強化作用
    メラトニンには抗酸化作用やNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させる作用があります。
    抗酸化作用により、活性酸素や一酸化炭素など、フリーラジカルと呼ばれる物質を分解・除去する効果があります。
    活性酸素を除去することで、細胞の酸化を防ぎ、様々なアンチエイジング効果(肌を若々しく保つなど)、老化の防止、ボケや痴呆、アルツハイマー病やパーキンソン病、その他生活習慣病などの予防に役立つと考えられています。
    また、NK細胞を活性化させる作用によりガンや動脈硬化などの細胞の酸化によって生じる病気を防いだり、がん細胞の増殖や病状の進行を抑える効果も報告されており、がん治療などにも利用されているようです。

このように、メラトニンは睡眠や生活リズムを調整するだけでなく、若さや健康を保ったり、病気の予防や抑制、細胞の酸化を防ぐことにまで関わる重要なホルモンです。
メラトニンは一生のうち、幼児期に一番多く分泌され、歳を重ねる毎に分泌量が減っていきます。 子供がよく眠り、歳を取ると眠る時間が短くなるのもそのためです。

睡眠は人間の成長や健康維持に重要な役割があります。
現代社会では、パソコン、テレビ、ゲーム、携帯電話の画面などで夜間でも明るい光を浴びる機会が多く、慢性的な時差ボケになる人も増えています。
生活習慣病の不眠は、食生活や生活リズムを正しく直し、サプリなど併用して効率的に利用することで改善できます。




<メラトニンまめ知識>
1、メラトニンはサプリ?薬?
アメリカではメラトニンはサプリメント(食品)扱いですが、日本では医薬品扱いで処方薬の為、国内で簡単に購入できません。
アメリカでは体内で自然に生成される物質は食品扱いになりますが、日本では医薬品の成分で使われる為、食品扱いにはならないとのこと。
しかし個人輸入で簡単に個人でも買えます。

2、メラトニンの体内生成
私達が日常、食物としてメラトニンの分泌を増やすようにすることも可能です。
以下の食べ物には、メラトニンを多く含みます。

[青汁の原料ケールや、オート麦、トウモロコシ、バナナ、牛乳など]

バナナと牛乳などは、朝食のようですが、
夕飯に食べたほうが睡眠の効果としてはありそうですね。

サプリ以外でもメラトニンの分泌を多くすることは、食生活と生活リズムで可能です。

バランス良く食事をして、日中は太陽を浴び、夜は部屋を暗くして眠るという、
一見単純明快とも言える生活に、健康と睡眠の質の向上のヒミツが隠れているんですね。
 

■ご使用方法

適量には個人差があります。まず最初に「3mg」を就寝時間の約30分~1時間前を目安に摂取し、その晩の睡眠の深さと翌朝の体調(起床後もまだ眠いかどうかなど)を考慮して摂取量を調節してください。
薬でなく体内で分泌されるホルモンですので、大きな副作用はございませんが、一度に大量の摂取はおやめください。
一日摂取量は0.3mg〜20mgまでが目安です。大量摂取で
すぐに効果が現れる人とそうでない人がいます。継続利用と服用量を調整しながら、ご自身に合う量をお飲みください。
 

■商品詳細

メーカー:Health Connection Labs Inc
成分:Melatonin 3mg
容量:60錠/1本

■注意事項と副作用

副作用として悪夢,低血圧,睡眠障害,腹痛などが報告されています。
妊娠中や乳幼児のいる女性、重度のアレルギー症状、免疫システムに問題がある方、健康な児童(すでに豊富に分泌中)、妊娠を予定している女性はご使用をお避け下さい。
また現在睡眠薬や精神安定剤を服用なさっている方はご使用前に医師にご相談ください。

※注意の必要な方
・精神安定剤、抗ウツ剤及び鎮静剤を使用している人
・ホルモンのバランスの悪い人
・自己免疫病の人(メラトニンが免疫系統を刺激するため、自己免疫病の症状を悪化させる恐れがあります)
・子ども、妊婦、授乳中の方(メラトニン【ホルモン】を多量に摂取することによる、胎児や乳児への影響はまだ解明されていません。
 多量のメラトニンには、避妊作用があるため、子供を作ろうと考えている女性には使用しないで下さい)
 

関連カテゴリ:
ビタミン・ミネラルサプリ > その他健康サプリメント
メンタルヘルスケア > 睡眠リラックス・酔い止め
メンタルヘルスケア

この商品に対するお客様の声

このページの先頭へ